e-ceremo plus
050-3578-0906

イーセレモ プラス
手作り葬・セルフ葬・DIY葬・個人葬儀
喪主(葬儀)代行

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

サービス概要

サービスの考え方
利用者が経験を基に提供者になる。他のサービスと大きく異なる所であり、利用者視点・マーケットアウトで提供される点が特徴です。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

今の葬儀は「提供者都合・視点」の「プロダクトアウト」
-----大きすぎたり、長すぎたり、重すぎたり・・・利用者は我慢(妥協)。
当サービスは「利用者要求・視点」の「マーケットアウト」
-----丁度いい。ジャストサイズ。

「サービス」は、利用する側が望む事に対し忠実、一致させるのが基本です。 しかし実情は「売手都合」で商品(サービス)が決定され、利用者の声が届かないものになっています。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行 「棺に入れていたのは、花でもなく、気持ちでもなく、お札だった。何が何だか、何でそうなったか。葬儀自体、よく覚えていない。」

ご主人様が急逝され、動揺と混乱の中で葬儀を終えたが、後日、業者が持って来た請求書を見て青くなった。自分の時には、周りにそんな思いはさせたくない。 そんなお話を伺いました。精一杯してあげたい。誰もがそう考えます。その時は「せめてもの」との思いから、流れのままに事を受け入れてしまいがちです。

葬儀の様な非日常のサービスであれば、受ける側には希望する明確な姿・形の正解はなく、業者依存になりがちです。 「動揺している中で不案内なサービス」を受ける場合、ある程度、提供側がリードし案内する事は必要です。 相手が求める一歩先を読み、期待以上の満足を提供する。とは言え、過剰なまでの演出や、無くても構わない物を抱き合わせて販売するのは、 利用者側の不利益となります。顧客満足と過剰サービスは別物です。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行 サービス提供の仕組み
経験とネットワークでサービスを提供する。貴重な経験、豊富な体験を積まれた方が、その経験を活かし利用者様をサポートします。 そのサポーターを支えるのがパートナーです。法人、個人、団体など、それぞれが得意とする領域で支援し繋がっています。 結果として、チームで利用者様を支える体制が提供できます。

目的・目標
1.葬送に掛かる費用の低減。不安の軽減。時代に即した葬送の普及。
2.高齢化社会に於ける、シニア就労機会の創出。
を目的とし、求められる価値創造に努めます。

< 戻る
ページのトップへ戻る