e-ceremo plus
050-3578-0906

イーセレモ プラス
手作り葬・セルフ葬・DIY葬・個人葬儀
喪主(葬儀)代行

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

棺をDIY(自作)する

まずは「棺」から 難易度 ★★☆☆☆

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行 棺のベースには、合板(ラワン材やベニア等)が使われています。 腕に覚えのある方、日曜大工が得意な方であれば「DIY」で作れるでしょう。 構造は至ってシンプルですので、DIYした事が無い人でも作れるかも知れません。

作る前に確認。
棺は尺(1尺30CM)で表記されます。現在、流通している棺は6尺、6.25尺、6.5尺が主流で、6尺で長さが180CMになります。目安ですが、 170CM程の身長であればなんとか収まります(死後硬直でつま先が伸びますので、実際の身長+10~15CMが目安です)。色やデザインに決まりはありません。

幅は50~60CMあれば、まず問題ありません。高さは45CM程度を目安に。
注意しなければいけないのは、火葬場の炉に入るかどうか。古い火葬場ですと、炉のサイズが小さい所もありますので、問い合わせてみる必要があります。 普及サイズに習えば、多分問題ないと思いますが念の為。

材はホームセンターで調達
手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行1.材料を調達する。
棺の材になる合板やベニアが豊富です。お店で軽トラを貸してくれる所もあります。

合板材
山積されています。規格で決まっており長さ182CMX幅91CMです。それ以上の物ですと、大型のセンターに行かないと無いかも知れません。 木質は様々ですが、アレンジを施すのであれば材質に拘る必要はありません。そのままをお考えであれば、値は張りますが木目の綺麗な物が良いと思います。 厚さは重要です。底板になる部分は厚めの物にして下さい。10MMは最低でも必要です。側面、上部は5MM程度でもOKです。厚さは重さに直結します。

*ホームセンターで販売されている材は、正直、あまり質の良い物ではありません。特に「反り」には注意して下さい。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

2.カットする。
材を以下のサイズにカットします。電動丸鋸やノコギリを使いますが力作業です。真直ぐ切るのは結構難しいです。 ホームセンターでカットサービスがありますのでやって貰った方が良いと思います。「やるからには全て自力で」。頑張って下さい。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

3.組み立てる。
カットした材を以下の通り組み合わせます。
底板①の破線内に側面⑦、⑧、前後②、③を。②③の上(下でも可)には④⑤を接着。(材料節約の為、②③④⑤を1枚の材から切り出しましたが、 お金に余裕のある方は、前後板をサイズ通りに切り出した方が手間がありません)。蓋になる上面には、ズレ防止の為の材⑥を付けます。その際、 本体の外枠になる部分を10MM/5MM空けて取り付けます。⑨の部分が「窓」になります。反りや湾曲、強度が気になるようでしたら、完成状態に合わせ、 内側に3~4ヶ所、補強柱を入れて整えます。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行

釘を打つ際には、予め釘の頭を潰すか、板にキリ等で穴あけをしておいた方が良いでしょう。打ち込んだ際の「割れ」を防げます。 完成した棺に故人様を納めたら、底面を持つのが鉄則です。これは市販の物でも同じです。

4.アレンジする。
合板剥き出しのままでは・・・折角ここまで作ったのですから、もう一手間かけましょう。
市販の棺は、合板に桐材をスライスしたシートを貼ってあるタイプと、布を張った物があります。ホームセンターで似たような化粧シートを購入して貼っても良いのですが、 それでは味気ないので工夫してみては如何でしょうか。条件は燃える事。有害物質を排出しない素材。

手作り葬,セルフ葬,DIY葬,個人葬儀,棺通販,喪主代行,葬儀代行 ・故人が使われていた着物、服などを使ってアレンジする。
・白無地の壁紙を貼り、写真や寄せ書き、イラスト等を書き添える。
・ドライフラワーでアクセントを付ける。
など、発想と思いつきで、いろいろなアレンジが出来ると思います。
左の写真は、ウィルライフ(株)様の「IS」と言う棺のアレンジ例です。

5.内装と布団。
市販品は白い布が張られています。内装も折角ですから外装と合わせましょう。 布団は故人が使われていた物をカットして、外装と合わせても良いと思います。

自作費用 合板3枚 3,000円程度  製作時間 カット済本体組み立て/30分 未カット本体組み立て/2時間 カスタマイズ/-

市販の棺は良くできています。手間暇掛ける自信、時間が無いようでしたら、無理に自作はしないで下さい。全ては自己責任でお願い致します。

< 戻る
ページのトップへ戻る